優れた仲介業者の条件とは

ウーマン

マッチング力

事業承継とは、会社経営を別人に託すことを言いますが、オーナーとしての権利を継続するパターンと継続しないパターンがあります。また、親族や社内の人材に託すパターンと、外部の人材に任せるパターンがあり、その手法は複数挙げられます。事業承継のうち、オーナーが経営権を捨て、外部の人材に会社を譲渡する方法を、M&Aによる事業承継といい、会社は現オーナーから完全に離れる格好となります。そして、M&Aによる事業承継は、後継者がいないケース、技術はあるのに資金が足りずに経営が伸び悩んでいるというケースなどで効力を発揮します。経営資源となるヒト、モノ、カネ、情報の不足部分をお互いに補うことができれば、会社のさまざまな問題を解決することができます。M&Aのパートナー会社を探すのは容易ではありませんから、これを専門とする仲介業者に任せることが望ましいと言えます。マッチングに強い業者を活用することで、会社の将来を見据えたパートナー会社が見つかりやすくなります。

交渉力と信頼性

M&Aによる事業承継でよく起きるトラブルが、合意はしたものの交渉が進捗しない、新会社のスタートが切れないという点です。依頼した仲介業者が、多くのパートナー企業情報を持っており、マッチングがうまくいったとしても、交渉がうまくいかないようであれば意味がありません。そこで、仲介人となる業者が間に入って、会社のトップ同士のコミュニケーションを円滑にする力があることが望ましくなります。また、買い手となる会社側は、交渉が進むにつれて、価格面などで条件を細かくチェックしていくこととなります。したがって、交渉の終盤になればなるほど、仲介業者が果たす役割は大きくなり、成功するかどうかは業者の交渉力にかかると言っても過言ではありません。また、M&Aにおいては、情報が漏れることは絶対避けなければならず、仲介業者の信頼性の高さもポイントとなります。このようなことから、仲介業者は、マッチングに強いだけではなく、高い交渉能力と信頼できる担当者が在籍する会社を選ぶべきということになります。

育てた企業の存続と繁栄

握手

事業承継は一昔と比較しても、継承相手が大きく変化しています。大企業だけでなく中小企業で後継者不在に悩んでいるなら、M&Aも事業承継の選択肢にできます。事業承継にM&Aを取り入れるメリットとデメリットを比較して検討しましょう。

もっと読む

会社の経営権を移す方法

男の人

後継者がいなくて会社を解散せざるを得ないケースが増えています。会社の解散によって迷惑するのは従業員です。それを防ぐためには、早めに後継者を育てる必要があります。このような事業承継の方法としてM&Aがあります。これは合併と買収のことです。例えば株式を売却すれば会社をそのまま委譲することができます。

もっと読む

経営の引継ぎ

ビル

会社経営の後継者が見つからない場合には、事業承継を目的としたM&Aを実施すると良いでしょう。方法がわからない場合には、事業承継を専門とするコンサルティング会社に相談してください。適切な方法を見つけてくれます。

もっと読む