経営の引継ぎ|M&Aという頼もしい会社|事業承継もなんのその

経営の引継ぎ

ビル

経営を引き継ごう

権限を長くやっていると、経営者の引継ぎが必ずおきます。例えば、会社経営が50年ともなると創業者が高齢となり次の世代に引き渡す必要が出てくるのです。創業者の親族に経営権を引き継ぐことも考えられます。子供たちが経営をできるのであれば、その子供たちに軽減させるのも選択肢の1つです。しかしながら、最近では親族間の事業承継が困難となる事例が見られます。そのような場合には会社をつぶしてしまうケースがあるのです。しかしながら、せっかく敬遠してきた会社なのですから存続させたほうがよいでしょう。そのような時にM&Aをする会社が増えてきています。M&Aとは、事業承継を目的として会社を他社に買収してもらうことです。

会社の売却

M&Aは、経営権を買ってもらう行為です。そのときの会社の経営状態や株価などを基にして売却価格が決まります。売り上げをしている会社なのであれば必然的に売却価格が高くなります。その一方で、経営が芳しくないケースでは、株価が安くなる傾向にあります。これらを念頭にして、事業承継を目的としたM&Aの相手を探さなければなりません。自力で探すことができれば良いのですが、なかなか難しいことが多いのです。そんな時には、事業承継のコンサルティング会社に相談してください。M&Aをするには、専門的知識が必要となります。コンサルティング会社のスタッフは仕事をする上での前提知識や経験を有しています。あなたの会社の事業承継にあたって、適切な方法を探ってくれるのです。